読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空を泳ぐ魚

嵐、時々NEWSのちHey!Sey!JUNP所によっては、sexyzoneについて書いてます!

3つのPVを考察した結果2

 

 

aofish.hatenablog.com

 

この記事の続き・・・

PV

本題のPVについて!

f:id:aofish:20160604203801j:plain

f:id:aofish:20160604203931j:plain

f:id:aofish:20160604203917j:plain

上から「To be free」「果てない空」「Daylight」のPVです。

3つのPVを見比べると、歌詞の部分での共通点「空」が目をひきませんか。ひきますよね?

それぞれ、メインでは「空」の部分を出してはいませんが、隙間からバックからと主張させています!

そして、ここからが大事!曲のクライマックスになると3つとも空に焦点が当たり出すのです。

メンバーが立つところも何というか非日常的で。前向きで現実的な歌なのにセットがファンタジーというアンバランスさが逆に何というか後ろ向きな日常を浮き彫りにしているように感じるのです!

つまり、セットの後ろ向きさが、次第に歌と空によって前向きなセットに変わっていくという事だと思うのです。

構成も3つともに共通点が!

ダンスシーンがなく、個人リップと全体リップの2本立てでございます。

集合→個人→集合の順で進んで行くのです。

個人では、一人一人の素晴らしさが味わえますよ!

で、「To be free」「果てない空」は、なんと6年前のCD。これを機に若かりし日の嵐さんを見てください!

どうでしょうか?似ている点がたくさんある作品じゃないでしょうか?

聞き比べていくと一つ一つの作品から前向きな気持ちになっていきます!

今回、発売した「Daylight」で言うと「Zero  to  Goal 」の部分が好きです。

では、前向きになれる「Daylight」。ぜひぜひ、聞いてみてください!