青空を泳ぐ魚

嵐、時々NEWSのちHey!Sey!JUNP所によっては、sexyzoneについて書いてます!

2020年振り返り

コロナで始まりコロナで終わった2020年。

有席の現場は全部で2現場

たぶん、、、

配信が多く、ぽちりとして沼にハマって行きました笑笑

嵐の配信はどちらもグッと来るものがありましたね。゚(゚´Д`゚)゚。

ただ、暇になった分

アクスタを作ったり、小旅行、観賞会、リモート観賞会と新たな楽しみを見つけた1年にもなりました。

2021年になり4ヵ月。

徐々に舞台、コンサートに行けるようになったかと思えば、、、

コロナがまた増えております。

感染症に気をつけて、対策を行い、現場を楽しみ1年になればと思います!

自分的#ジャニーズ楽曲大賞2020

今さらですが!

自分的ジャニーズ楽曲大賞2020をおこないたいと思います。

本当に今さら感笑

でも、これをしないと始まらない!

1つの区切り!!

では、では、

 

楽曲大賞

1位 Sexy Zone   RUN

8月に君が帰ってきてからのRUNは、Sexy Zoneの決意表明に思えた。

5人で真剣な眼差しで歌ったRUNは忘れられない。

おかえりなさい。

そーちゃん。

戻って来てくれて

ありがとう。

 


2位 嵐 カイト

切ないメロディに歌詞。

でも、どこか前向きで、、、

嵐の優しい歌声がマッチして、泣きたくなる曲です。

 


3位 NEWS endless summer

6人の時も4人の時も3人の時も変わらず好きな歌です。

人数が変わってもそこにあるNEWSとファンの思いが変わらずだからだと思います。

ただ、繋がっているあの夏があるのならば、私は2年前の夏に戻りたい。

 

 

4位 ジャニーズWEST    証拠

そっと背中を押してくれる感じじゃなくて、

泥くさくてぶん殴らるように思いっきりエールを送る曲、、

歌で聞かせるwestの魅力が広がった楽曲だと思います。

 


5位 SixTONES  JAPONICA STYLE 

ジャニーズ×和

で嫌いなオタクはいるだろか、、、

いや、いない。

JAPONICA STYLEがカラオケで流れる世界に感謝したい。

 


未音源楽曲

1位 松倉海斗 手と手

松倉くんの真っ直ぐな歌声や思いが、心に突き刺さります。

早く、手と手が取り合えるような世界になりますように、、、

 


2位 大宮SK  希望の証

アラフェスの映像では、先輩を巻き込んで思いっきり笑いの方に舵をきっていましたが笑歌ではきっちりと聞かせにいっていた2人。

あの一回だけでは本当にもったいない!

ぜひ!円盤化を

 

3位    7men侍 サムダマ

初のオリジナル曲!

YouTubeで嬉しそうにしていた姿が思い浮かびます!

とにかく!

かっこいい曲。ライブパフォーマンスもえぐい!!

 


MV部門

sexy zone  NOT found

久しぶりに5人で撮ったMV。

トリックアートのような不思議な空間に5人がマッチしてより摩訶不思議な雰囲気に。

5人が揃ってるってだけで、泣ける。

 

 

コンサート、舞台部門

Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE

私が見に行ったのは12月。

2019年も投票した。

でも言わせて欲しい。

推しのいないコンサート。

はっきり言って、あまり期待してなかった。

でも、洋館風の舞台セット、始まる前のJr.演出でまんまとPARADEの世界観に引き込まれた。

セットリスト、映像の使い方、ダンスの緩急、衣装、本当に良い意味で期待を裏切られた。

本当に素晴らしいコンサートで

確かにそこに推しはいなくて推しには会えなかったけれども、、、

素敵なエンターテインメントには出会えた。

また、JUMP×辻村さんの相性もバツグンで

コンサート前半、中盤、後半に曲を入れる事で統一感もあった。

PARADEに出会えて本当に良かった。

 

配信部門

アラフェス2020

前半パートを強くお勧めする。

私は開始15分でボロ泣きした。

ただの挨拶にでだ。

嵐ファン以外が見たらどこにその要素があるのか分からないであろう

実際に一緒に見た他グループ担の友人もハテナがたくさん飛んでいた。

宮城でしたシャッフルの挨拶。

あーこれ見れないんだなーと泣き。

エナジーソングの変え歌詞で泣き。

5×10で泣いた。

5人がにこにこと笑っているだけで本当に泣ける。

ボロ泣きだ。

悲しくて切なくて楽しい。

私の青春だった。

後半パートは、泣かせてはくれなかった。

楽しいでわくわくで終わらせてくれた

嵐さん。

21周年おめでとうございます。

ありがとうございました。

 

 

2020年は新型コロナウイルスでどのグループもどの方々も思うように活動出来なかった1年だったに違いない。

ファンの方ももどかしい1年だったはずだ。

ファンの中の1人である私ももどかしい思いだった。

2021年は感染症対策をしながら、現場を楽しめる1年になりますように

 

ちなみにあちらこちらのグループにふらふらしている私の推しは

相葉ちゃんである。

そこは変わらず言っていきたい。

 

 

 

 

自分的#ジャニーズ楽曲大賞2019

今年もやって来ましたね!

今年は上手くTwitterと連携できず投票出来たか出来ていないか分からない状態で。゚(゚´Д`゚)゚。

たぶん出来たのでしょう笑

推しがいないのが悲しくて活動に追いついていないグループも正直ありました。

でもでも、現場が楽曲がやっぱり1番だなと思わせてくれた年でもありました。

では早速、自分的#ジャニーズ楽曲大賞を発表したいと思います!

 

楽曲部門

1位  5×20 『嵐』

 5人の暖かで優しい歌声を聞くだけで涙が出てきます。“5” is my treasure number。この歌詞が大好きです。嵐を好きになって本当よかった。これまでもこれからもずっと応援してしまいます。


2位  ファンファーレ  『Hey!Say!JUMP』

 ひと夏の恋をこんなに爽やかに歌いあげるJUMPくん達に恋してしまいました。聞けば聞くほどに聞きたくなる一曲。

 

3位  パレードは終わらない -Life is an Adventure- 『Hey!Say!JUMP』

  ただ楽しい曲なのかなと思って聞いていると、歌詞はそうではなくて。

 明日からの自分の背中を優しく押してくれた曲でした。

 

4位  Turning Up  『嵐』

 これから色々、遊んでくれる楽曲に。どんなコラボやアレンジが待ってるのかワクワクしてしまいます。

 

5位  Love  Story  『NEWS』

  なぜ、NEWSの歌はときめいてしまうのだろう。優しいメロディと優しい歌声に恋をしてしまうしかありませんでした。

 


未音源化部門

1位  MADE in Love 『MADE』

  歌もダンスもただただ、可愛い。聞けば自然と笑顔に!ファンをお嬢様と呼んでくれる4人に本当に本当に会いたかったよ…

 

2位  unique Tigers  『Travis Japan

  オタクという生き物は総じてメンバー紹介ソングに弱い。まんまとやられた。9人のunique Tigersが可愛くてしょうがない。

 

3位  Take it! Make it!『Travis Japan

  キスマイ兄さん。

 こんな可愛い曲をプレゼントしてくださりありがとうございます。

 歌もダンスも衣装も可愛くてトラジャのまた違う面を発掘して頂き、感謝しております。本当にありがとうございました。

 

 

MV部門
5×20 『嵐』

 見てしまったら終わってしまうと思ってなかなか見れなかった。

 見たら終わりではなく始まりだった。

 ありがとう。ずっと大好きです。

 

 

現場部門

1位   ARASHI Anniversary Tour 5×20

 去年も票を入れた、今年も票を入れるかどうか本当に悩んだ。でも現場を思い浮かべると私の中の1番は揺るぎなくて。5人が並んでいる空間が大好きで。

 5人が5人らしく輝いていました。

 50公演、本当にありがとうございました。


2位 Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE

 推しのいない2回目のコンサート。楽しめるか不安だった。 だけど、良い意味で裏切られた。 PARADEというワードからのセットリスト、舞台セット、映像演出、jr.の動きどれも素晴らしくて。ずっと観たいコンサートでした。

 

3位   嵐のワクワク学校2019〜時空をJUMP!すべてが愛おしくなる修学旅行〜

 初めから予感はしてたけれど、今回で最後のワクワク学校。面白くて、楽しくて、それだけではなくて、ためになる事がたくさんでした。    

  後輩達が引き継いでくれるのを、新しいワクワク学校を楽しみにしています。

 

以上自分的#ジャニーズ楽曲大賞でしたー!

 毎年、運営されている方には尊敬と感謝しかございません。本当にありがとうございます!

今年もたくさんの現場に行ってたくさんの楽曲を聴いて楽しみたいと思います!

 

そんな私の担当は相葉ちゃんです!

 

 

 

 

2019年振り返り

今年はNEWSのカウコンで年明けして、室くんの大阪環状線の舞台が現場納めでした。

全部で12現場!たぶん笑

どの現場も楽しくて仕方なかったです。

今年も激動の1年でした。

1回1回の公演を大事にしないと。と改めて思い直し1年でした。

今年は申し込み忘れも多くて……

絶対にそれはないようにしようと心に刻んでいる所存です。

自分としては、念願のドームでアルファベット席に座れて!

とっても嬉しかったです。

さぁ、来年も現場でいっぱいの年になりますように!

また、関わってくださった皆様にも現場でいっぱいの年になりますように!

来年もよろしくお願いします!

平成生まれが考えてみた

http://whitetori.hatenablog.com/entry/2019/04/29/213723 

裏でも書いてみたけど、同じ題名でこちらではジャニーズについて。

後少しで平成が終わる。

何も変わらないとは思うけど、平成生まれからすると平成という時代がずっと続いていくものだと勝手に思っていた。

変わらず、ずっとそこにあるもの。

それは、好きなグループでも言えるのじゃないかな。

ここ4.5年間の間にたくさんの事が急展開。

あぁ、永遠って言葉はどこにもないんだなぁと各グループの発表を聞くたびに思ってしまった。

 1つの時代が終わるって寂しい。

 

平成の1日も令和の1日もきっと、同じ1日で大切さは変わらないはず。

大事に過ごしていきたい。

1つ1つの現場も後悔のないように、大切に過ごしていきたいと思う。

いつでも、この現場がもしかしたら私にとって最後になるかも知れないと思わないと!

そんなふうに感じたここ最近です。

 

平成の間に生まれて大人になった。

仕事をしてたくさんの出会いが職場だけじゃなく、ツイッターでも出来た。

良い人に恵まれて、知り合えたなと感じる。

出会えた事に本当に感謝です。

一期一会にならず、絡んでくれる方々、本当にありがとうございます。

 

後数時間で終わる平成に、そしてたくさんの出会いに感謝したい。

ありがとう平成。

そして、数時間で始まる令和に、これからのたくさんの出会いに楽しみにしたい。

1日1日を大切に1つ1つの現場も大切に、一度一度の出会いも大切にしたい。

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

自分的#J楽曲大賞2018

今年も楽しみにしていた楽曲大賞。

なんとお呼びしたら良いか分かりませんが、主催者さまには、本当に感謝しております!膨大な量の曲、現場、メンバーをリストアップしてくださり、また投票結果をまとめてくださり本当にありがとうございます!

 

さてさて…本格的に好きになり、色々なグループに目が広がるとさらに1つ1つの曲に現場にコンビに愛が溢れてコメントが長くなるばかりです笑

今年もたくさんの楽曲、現場に出会えますように!

 

●楽曲部門

1位   NEWS   『生きろ』

覚悟。題名を聞いてそう思った人は少なくなかったと思う。サビの生きろ!と強いメッセージに後ろを振り返らず前に進む4人の姿が思い浮かぶ。"敗北を知ったって  0(どん底)にいたって  またやり直せるだろ?"また、NEWSの四人に背中を押され前を向いて歩いて行ける曲が増えました。

 


2位    関ジャニ∞  『大阪ロマネスク』

関ジャニ∞の原点。ファン歴の短い私でもそう感じる。大阪の各所が歌詞に盛り込まれて7人の影が大阪の風景にスッと吸い込まれる。この曲を聞く度に御堂筋に難波に心斎橋に彼らの姿が思い浮かび、7人に恋してしまうのだ。

 


3位   Sexy Zone  『名脇役

まず歌詞よりも感じた感想を述べたい。

吐息!甘い声!

歌う吐息感が本当にやばい。1人で耳を押さえて「わぁー」となってしまった。

そして話が変わり…。この曲、歌詞が本当に良い。切ないメロディーラインと相まって片思いってこんなに苦しいものだと思い出させてくれました。

 


4位    Kis-My-Ft2  『 We  are  キスマイ』

とにかくC&Rが楽しい。自虐ネタをポンポンと放り込まれてるけど明るく歌われてるから思わず笑ってしまう。楽しんで歌うキスマイの7人が思い浮かび、こちらも楽しくなってしまいます。お気に入りポイントはゆっくりからだんだん早く歌う、メンバーの名前の所です。

 


5位   関ジャニ∞   『ここに』

6人のスタート曲。力強い歌声に強い意志を感じました。"ここに"「6人で立ってる」「関ジャニ∞がいる」と"ここに"の後にかっこ書きの言葉が聞こえてくるような気がします。"進むんじゃない  進めるんだぜ"6人の今を歌う曲に一緒に進みたいと思いました。

 

●未音源化部門
1位   嵐   『5×20』

5人が5人で5人の思いを書いたこの曲。歌詞のひとつひとつに込められた思いにありがとうの気持ちが溢れます。あちらこちらに推しグループを作っていますが、この曲を聴くと嵐のファンで良かったと思います。まさに原点にして頂点。20周年おめでとう。これからもずっと大好きです。


2位   Travis Japan    『Happy  Groovy』

このコメントを見た人はまず、YouTubeのジャニーズJr.チャンネルのTravis Japanのコーナー内の 『Happy  Groovy』の動画を見てほしい。なんと言っても、シンクロダンスに綺麗なフォーメーション移動はJr.の中でも随一。それに歌が加わるのだ悪いわけがない。

素晴らしい。特にこの曲は、かっこ良いキメキメの曲になっている。しかもC&Rもある。トラジャの7人との掛け合いを思いっきり楽しみたい一曲である。

 


3位  HiHi Jets    『だーくねすどらごん』

サマステで聞いて中毒になった。5人の紹介がとにかく良い。一人一人の特徴を捉えてラップにした猪狩先生には金一封をお渡ししたい程です。ちなみにこの曲。YouTubeのジャニーズJr.チャンネルのHiHi Jetsのコーナーにて披露中です。ぜひぜひ、『だぁ~くねすどらごん』中毒に陥って欲しい。

 

●現場部門
嵐  『ARASHI Anniversary Tour 5×20』

悩んだ。今年も続くコンサート。きっとこれからが本番のツアーになる。でも、コンサートに行ったからには票を入れない訳にはいかないぐらい本当に素晴らしいコンサートだった。20年間がほんの3時間ちょっとに凝縮されて、一瞬も見逃せない。そして、あのコンサートは青春が詰まっていてどの曲を聴いてもその時の思い出がふっと思い浮かんで懐かしくなり余計に涙がこぼれてしまう。

"俺たちが嵐"

コンサート中ずっとそう言っていたように感じたのは私だけではないと思います。

 

PV部門
関ジャニ∞  『大阪ロマネスク』

7人で映る大阪ロマネスクはなんとも言えないぐらい切ない。ただただ、切なくて切なくてたまらなくなる。7人の横顔が画面に映る度に思い出の中の人だと感じてしまうのです。7人の歩んだ道をそしてこれから歩む道を見続けたらと思います。

 

コンビ部門
二宮和也&相葉雅紀

20数年、ずっと隣にいる二人の関係を言い表す言葉を必死に考えた。幼馴染、友達、親友、メンバー、シンメ、総武線仲間…どれ1つとってもしっくりこない。ただ言えることは、二人は"にのあい"だという事。

それ以上もそれ以下もない。"にのあい"という言葉に全てが詰め込まれている気がする。

 

そんなみんな大好きな私ですが担当は相葉ちゃんです!

いつまで経っても、色褪せない好きが溢れています!

やっぱり君たちが大好きです。

日曜日の夕方に弟からLINEが来た。

弟)嵐活動休止❓

私)なんて事を4月からコンサート始まるのに

 

まさかと思いながら、Yahoo!のトップページ見たら、まさかな記事があって…思わず先輩に電話した。

そこからはもう、嘘とか辛いしか呟けなかった。

 

いつから嵐が好きなのかを考えた。

以前、はてなブログでも書いたけれども嵐をイメージしたオリジナル小説がきっかけだった。

高校の帰り、悪い事をした気持ちになりながらMYOJOかポポロか忘れたけれど、どちらかに載っていた相葉ちゃんを見た瞬間、恋に落ちた。

それぐらいの衝撃。

相葉ちゃんは、金髪サラサラヘアーにパーカー付きモッズコートのフードを被り、下向き加減でまつ毛やら髪の毛に雪が付いていた。

人形かなと思うぐらい綺麗だった。

そこからだ、嵐にハマったのは。雑誌を読み、買い。CD、DVDも買った。カラオケで初めて歌った曲は「Oh Yeah!」

思春期かなんかでアイドル誌をなかなか買えなかった私のお気に入りはoricon styleだ。

余談だが、oricon styleが廃刊になった時本当に悲しんだ。

そこから12年。ずっと変わらず大好きなのだ。

好きで好きで仕方ない。

正直に話すとテレビもラジオも雑誌も追いかけられていない。

それでもやっぱり好き。

どのグループにも出せないあの5人の空気感にほっとしてしまう。

会見には私の大好きな5人がいた。

黒のスーツじゃなくて淡い色の組み合わせで選んだスーツ。1人が言葉に困ると4人が助け船を出す。本当にファンの為の記者会見。

正直、活動休止には納得できないと思う。

でも、そうだよね。と理解はしないといけないなと思う。

昨年1年。色々なグループの色々な在り方を見てきた。あのコンサートが最後だったんだとかもっと応援できたのじゃないかなと後悔と悲しみを感じた。

そうならないように、きっと今発表した嵐さんはこれでもないくらい有難いんだと思う。

思うけど、けど。

やっぱり、淋しい。

胸にぽっかり穴が空いた気持ちになる。

泣きそうになるし。泣いてるし。

不思議と怒りたい気持ちにはならない。

それはやっぱり5人が好きだからだし、5人の決めた道を応援したいと思うから…

後2年、あっという間に終わってしまう。

後悔しないように、いやもう実はもうしているけど。でも、それ以上に後悔がないように精一杯応援したい。

ひとまず、20年間本当にありがとう。